印鑑って一体何を基準に選べばいいの?

まず、ご使用になられる目的でお考えください。それによってサイズ書体印材 がおよそ決まってまいります。

その後、ご予算とお好みに合わせてお選びいただければよろしいかと思います。
同じ素材の印鑑でも、象牙のようにランクによって、かなり値段もクオリティも違うものがございますので、安易に素材の名前だけでなく扱っている業者の良し悪しも十分吟味されることをお勧めいたします。
 

用途について(個人印)

 
個人用の印鑑はご使用になられる目的にあわせて「実印」「銀行員」「認印」からお選びください
印鑑の種類
印影
説明
実印
住民登録している市区町村に印鑑登録した印鑑を「実印」と呼びます。土地の売買契約や、車の購入などの人生の大切な場面で使います。 ご自身を象徴する大事な印鑑ですので、姓名共彫刻し、大切の保管してご使用ください。
銀行印
銀行や郵便局などの金融機関で、口座開設の際に届け出た印鑑を「銀行印」と呼びます。
財産を守る鍵になりますので、他の印鑑と区別し(実印と別に作られることをお勧めします)大切に保管してご使用ください。
認印
最も使用頻度の高い印鑑です。家庭や職場において、荷物の受取等の、確認事項の捺印に使用します。様々な場で活躍する印鑑になりますので、愛着の持てる印鑑をお選びください
※「印材の選び方」 「書体について」 「サイズについて」 もご参考ください
 
用途について(法人印)
法人用印鑑は、一般に三点セットといわれる「法人代表者印」「法人銀行印」「角印」の印鑑をお選びいただいております。
その他、住所・電話番号等を記載したゴム印等もつくっておくと便利です。
印鑑の種類
印影
説明
会社実印
(代表者印)

会社実印とは、 会社設立時に法務局へ登録する会社の実印です。
会社の代表としての役割を果たし、代表印とも呼ばれます。 2重枠で作成し、外枠に会社名、内枠には代表者の正式な役職名(代表取締役印等)を彫刻するのが一般的です。
18mm が一般的です。

会社銀行印

会社銀行印とは、 銀行に届け出た印鑑です。
小切手や手形を振り出すときなど にご使用いただく、実印同様重要な印鑑です。
2重枠で作成し、外枠に会社名、内枠に「銀行之印」と彫刻するのが一般的です。
会社実印と区別するため、16mm等ワンサイズ小さ目をお勧めいたします。

角印

角印とは、会社名だけを彫刻した、会社を象徴する印鑑です。主に領収書、請求書、契約書などに押印します。
バランスを整えるため、 「印」「之印」を彫刻することもございます。
21mm、24mmが一般的です。

 
 
一生ものの印鑑は安心の手仕上げのお店で
インターネット上の安売りショップでは機械で印面を彫る、機械仕上げによって大量受注・大量彫刻により破格の価格で売られている印鑑をみかけます。
これらの破格の安売り印鑑は機械彫りの為、印面が似た形になり偽造されやすくなったり、印面の彫が浅く鮮明でなかったり、印面が欠けやすかったりする等のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
当店は、荒削りを彫刻機で彫ったあとは全て、一級彫刻師による手仕上げによって一本一本丹念に作られておりますので、機械彫りのようなトラブルは格段に少なく一生物として安心してご利用いただける印鑑となっております。
 
 

Copyright (C) 2006 Kawakami INBOU. All Rights Reserved.
高級印鑑・印章のお店TOPへ
高級印鑑個人用
実印
銀行印
認印
実印・銀行印セット
最高級本象牙 芯持
高級印鑑法人用
代表者印
銀行印
角印
法人印セット
高級印鑑ケース
個人用印鑑ケース
法人用印鑑ケース
高級印鑑の注文方法
ご注文方法
お支払い方法
ご返品・ご交換
送料・配達
特定商取引の表示
印鑑について
印鑑の選び方
印材の選び方
書体について
サイズについて
お手入れについて
象牙について
高級印鑑のその他
彫刻師の紹介
よくある質問
お問合わせ